スマホを水没させてしまった時にできることを紹介するサイト

>

スマホアクシデントで怖いもの第1位は?気を付けたいこと

水には要注意!スマホは精密な機械

スマホの水没事故はよくあることのようですが、スマホにとっては深刻な事故になることが少なくありません。
液晶の上に水滴が落ちたぐらいであれば防水仕様のスマホでなくても大丈夫ですが、継ぎ目の部分に水が入り込むと大変です。

機械に水は大敵ですから、当然スマホにおいても同じです。

その時に動作に問題が無くても、後で錆びから故障の原因になったりすることもあります。

スマホには耐衝撃性や防水性などの性能が付加されていることは多いですが、それでも水槽などの中に落としても故障しないということではありません。

防水仕様になっていても、あくまで水に強いということであってスマホ全体を水に浸けてしまうようなことは故障の原因になります。

こんな時にも水の危険が!スマホを守ろう

スマホを水没させてしまう場合のシチュエーションとしては、トイレなどに行った時にポケットに入れていたスマホを落としてしまうケースなどが多いですが、他にもスマホは水の危険にさらされています。

テーブルで飲み物を飲んでいる時に、身近にスマホを置いてくつろいでいたりする時も、コップに手が当たればスマホに飲み物がかかります。

このようなことは自宅でもよく起こりうることですので、基本的に水にスマホを近づけないことが大切です。

他にも、かばんの中に冷たい飲み物と一緒にスマホを入れていると、暑い日などは思った以上に結露することがあり、気が付いたらスマホが濡れているというケースもあります。

このように、ふとした生活のシーンにおいてスマホと水は近い位置にあることが多いので日頃から少し意識するようにしましょう。


SHARE!