スマホを水没させてしまった時にできることを紹介するサイト

>

定期的なメンテが大事!普段のスマホケア

絶対水没させない!スマホを水から守る工夫

スマホを水の中に落とさないようにするには、普段から意識して気を付けるしかありません。

落としてしまう以外だと、スマホを無造作に置いている時に起こることがほとんどです。
こうした急なアクシデントを防ぐには、スマホを置くスペースを作っておくのが効果的です。

あらかじめ決まった場所に仕切っていれば、うっかり飲み物をこぼしてしまってもスマホにかかる危険性が下がります。

ほかには、大雨など自分でどうすることもできない天候の問題ですが、間口の広いカバンを使っている時などは中に雨が入ってくることもあります。

少しの雨なら気にすることもないですが、激しい雨の場合は侮れません。
予報で、大雨の警報がある時などはジップパックなどスマホを入れられる袋を用意しておくと良いでしょう。

バックアップは当たり前!守るべきは中身

スマホを水没させて1番困るのが、中身のデータの破損や消失です。
スマホ自体は替えがききますが、中のデータは復元できなければ消えてしまいます。
このような時に備えて普段からバックアップをとることをオススメします。

パソコンだと当然バックアップしている人でも、スマホに関してはそのままにして使っている場合も多く、スマホの中にはプライベートなデータが多いもの。
むしろ普段からバックアップをとることがとても大切です。

水没して一時的にデータが見れなくなっても、修理に出すことで復元するケースもありますが、深刻な場合は大切なデータも丸ごと消えてしまうことになります。

SDカードやクラウドサービスを利用して、カジュアルなデータと重要なデータを区別してバックアップしておくと取り出す時にも分かりやすくて良いでしょう。


SHARE!